FC2ブログ

痛趣味の部屋

2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOPスポンサー広告 ≫ リベンジ成功。  (ドール座椅子その2)TOP ≫ リベンジ成功。  (ドール座椅子その2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

リベンジ成功。  (ドール座椅子その2)

前回あまり満足のいく座椅子が作れず、娘にも不憫な思いをさせてしまったため、今回はリベンジです。


坐椅子2-1

まずは材料の切りそろえから。今回は厚さ3mmの板を使うことにしました。あまり厚い木材だと加工するのに大変…というのが大きな理由なのですが、3mmの板は近所のホームセンターでは売っておらず、Amazonさんでの購入となりました。


坐椅子2-2

板を2枚重ねて全く同じ大きさになるようにカットします。


坐椅子2-3

同じ大きさに切ったのは単に2つ同じものを作りたかったからです。切った木材の四辺の角を丸く加工しました。


坐椅子2-4

これで2枚の準備が整いました。


坐椅子2-5

次に木材の真ん中に丸い穴をあけます。この加工をどうやってするのか結構悩みましたが、トリマーや電ノコではどうしてもうまくいかず、結局サークルカッターで傷をつけてからアートナイフでゴリゴリと切り抜くことにしました。結構木材が柔らかいものだったのと、厚さが薄かったのでこの方法が可能でした。


坐椅子2-6

次にこれを半日ほど水に浸します。結構大きな木片なのでお風呂の残りを使うことにしました。


坐椅子2-7

これをラップに包みまして…


坐椅子2-8

電子レンジでチンします。隣に水を入れたコップを置いているのは電子レンジの負担を減らすため(?)だとか。真偽のほどは定かではありません。。。


坐椅子2-9

木は70℃以上になると柔らかくなるそうで、これを利用して曲げ加工ができないかなと。めっちゃ熱くなるので耐熱グローブは必須です。これがないと触れません。
電子レンジを何分くらいかければいいのか分からなかったので1分ずつくらいかけながら熱さを確認してまた追加して…を繰り返してみました。

坐椅子2-10

最初はベンダーアイロンを使用しようと思ったのですが、これだけ熱ければ直接曲げて大丈夫だろうと考え、支えになる板材に体重をかけて押しつけるように曲げてみました。


坐椅子2-11

曲げた後すぐに固定しておかないともとに戻ろうとしてしまうので、L字金具をあててクランプで固定します。


坐椅子2-12

ただ単に90度曲げるだけだと芸がないので後ろに一枚木材をはさんで角度をつけています。


坐椅子2-13

これで90度以上まげて背中の部分ですこし戻す形にしました。


坐椅子2-15

この状態で丸1日ほど放置して乾燥させます。


坐椅子2-16

完全に乾燥したら完成です。戻りもなく、ほぼ予定通りの形になりました。


坐椅子2-17

二つ重ねてもほぼ同じ形にできたのできれいに収納できます。
やっとこれで納得のいく座椅子ができました。よく旅館においてあるヤツですね。
もう少し小物をそろえてからやっと娘に座ってもらうことができそうです。

木材を曲げる加工、結構面白いですね。もう少し厚い木材でもできるかもしれません。
曲げた形に固定しておく金具がネックになりそうです。またいろいろ研究してみたいと思います。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

ふぉれ

Author:ふぉれ
痛部屋の完成を目指して。今まで作った痛いものをご紹介したり、興味のある痛グッズなど取り上げています。

最新トラックバック
かうんたー
お気に入りサイト
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。