FC2ブログ

痛趣味の部屋

2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOPスポンサー広告 ≫ 一応あおげます。 (ドールうちわ)TOP ≫ 一応あおげます。 (ドールうちわ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

一応あおげます。 (ドールうちわ)

前回の作品完成後 リアルでもいろいろあって燃え尽きてしまっていました。
でも作った作品の記録を残すのは生きてる証を残すこと。
というわけでまずは小物からご紹介したいと思います。


うちわ0

美人が持つとなぜかそれだけで涼しげに見えるから不思議ですね。
今回は娘が持っているうちわの作成記録です。


うちわ1

用意したのはおなじみ、100均で購入したミニうちわです。
このまま持たせておしまいっていうなら話は簡単なんですが、そうはいきません。
今回某サイトを参考にして、この持ち手の部分の竹を使用します。

うちわ2

持ち手の部分を10cmほどのところでカットして、先端を細かく割いていきます。


うちわ3

なるべく均一に細かく割いていきたいところですが、これがなかなか難しい。
細かすぎると分離してしまいますし、大きすぎるとかっこ悪くなります。


うちわ4


ある程度(不均一ながらも)がんばって割いたあと、厚さも調節する必要があることに気づき、
これを前後2枚におろします。
今回竹は初めて使いましたが、割くことに関しては非常に加工しやすく、面白い素材だと思いました。
使いこなすには修行が必要ですが…


うちわ5

細い竹の棒を作成し、手で曲げてみますが、弱そうでなかなか弾力があります。
無理に曲げるとぺキッと折れてしまうため、ろうそくであぶりながら曲げていきます。
竹は熱を加えると簡単に曲がりますが、あぶりすぎるとあっというまに焦げます。
ろうそくが手近にあったので使用しましたが、炎との距離のとり方はなかなか難しいものでした。


うちわ6

ネットでそれらしき模様のうちわデザインを拾ってきて、作成した骨組みにあうように
大きさを調節します。


うちわ7

本当は和紙にプリントしようと思ったのですが、普通紙の安っぽい感じがむしろうちわっぽいかな?と考え、
あえて普通紙にしてみました。
大きさをあわせて骨組みとのバランスを確認します。


うちわ8

よく見ると外枠の骨組みが焦げてますがまあこれも味。
あとは微妙にはみ出した紙の白い部分と持ち手のところを調節します。


うちわ9

これで完成です。
本当は真ん中のこまかく割いた部分をもう少し細かく、均一に作成したかったのですが、これがなかなか難しい。
熱を加えながらしたらもう少し上手にできたかもしれません。

紙の部分には骨組みが入っていませんが、普通紙が重なることである程度強さがでるので、
一応仰ぐと風が起こります(そりゃそうか)
ちっとも涼しくないですが・・・・
うちわを材料にしてさらに小さなうちわを作成する…この発想に敬意を表したいとおもいます。
何か他でもできそうですね。そういえば昔ランドセルのミニチュアを作るというサービスやってました。
なにかアイディアがあったらトライしてみたいと思います。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

ふぉれ

Author:ふぉれ
痛部屋の完成を目指して。今まで作った痛いものをご紹介したり、興味のある痛グッズなど取り上げています。

最新トラックバック
かうんたー
お気に入りサイト
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。