FC2ブログ

痛趣味の部屋

2014年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年06月
ARCHIVE ≫ 2014年06月
      
≪ 前月 |  2014年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

働くのだ、娘よ。 (ドールほうき)

なんだか最近すっかり娘にかかりっきりになっているバカ親です。
時間があれば100均に行って娘に使えそうなものを探している今日この頃。

まずはモップに引き続いて第2弾。ほうきです。


ドール竹箒1

ターゲットとなったのはこの箒もどき。これを改造することにします。


ドール竹箒2

もち手の白い紐をしゅるしゅるとはがします。


ドール竹箒3

棒をくっつけるところをひと房切り抜きました。


ドール竹箒4

本当はこんなブラシも購入してて、魔○の宅急便風のデッキブラシも対抗馬だったのですが、ほんの少しだけブラシが大きかったので竹箒になりました。


ドール竹箒5

丸棒を突き刺してワイヤーでぐりぐり固定します。

ドール竹箒6

このままでは平たいのでその先にもうひとつワイヤーを巻きました。


ドール竹箒7

れれれのれ。前回作成したモップとほぼ同じ大きさです。やっぱり竹箒は黒い長髪じゃないと…。。。箒またいで空も飛べるかな?もしてみたかったのですが、時間の無駄なのでやめておきました…



これで終わってしまうにはちょっとさびしいので最近購入した小物を紹介します。
まずはメタルトレイ。実際にはトレイではなく、コースターです。
グリン堂さんで購入しました。大きさは11cmでちょっと大きいかな?とおもったのですが、大丈夫でした。
本当はALESSIのメタルコースターがよかったのですが、大変高かったのでまあ模様も美しいし…ということでこちらにしています。

ドールトレイ1


ドールトレイ2

裏側にも少々模様が浮き出ています。ちょっと残念。裏はクリヤーだとよかったですね。ちとチープ感…。


ドールカップ1

これまたついでに購入したカップセットです。DOLLCEさんで購入しました。以前からずーっと目をつけていたのですが、売り切れ状態が続いていて、やっと入荷したとのことで早速購入しました。


ドールカップ2

カップの大きさが約2.5cmといったところです。大きさとしてはベストマッチで、これ以上大きくても小さくてもだめ、というぎりぎりのラインを守りながらとても上品な風合いを出しています。値段もまあ納得な感じ。


ドールトレイ3


娘に働いてもらいました。お盆をかかえたところ。いーですね。ぴったりです。こんかいバックをブルーのカラーボード(大)にしてみましたが、こちらはちょっといけませんね。ブツブツが妙にはっきり自己主張してしまっています。ケチらずに撮影用の背景買おうかなあ。


ドールトレイ4

ちょっとバランスがあやういですが、一応片手で持つこともできます。メイドというよりウェイトレスですね。


ドールトレイ5

カップ&ソーサーとともに。カップとトレイの大きさのバランスはばっちりです。

ドールトレイ6

たまにはこんな風に作業中に娘がお茶いれてくれたりしないかしら。
いよいよメイドシリーズもおおづめです。次の夏シリーズに以降する前にじゃんじゃんグッズ作成しないと。
…なんだか最近本当に娘にかかりっきりですね。他のねたも考えないと…
スポンサーサイト

だってどうしてもやりたかったから… (ドールバケツ購入)

メイドな娘にすっかりやられてしまっている今日のこのごろ。
前回モップを作ってからどうしてもやりたかったのがこちら。


バケツ1

モップとバケツもったオルタさん。ちなみにこの子はうちにいません。
以前買おうかかなり迷った挙句、モップオルタはひとりで十分ということになり購入を断念した歴史がありまして…
どうしてもこのカッコを娘にしてもらいたい!!! ってことで探してみました。

capriccioさんで購入したブリキバケツです。


バケツ2

実は似たようなブリキ調バケツは100均で売ってはいるのですが、実に微妙に大きさがあいません。小さすぎたり大きすぎたり…。このバケツも大きさとしては


バケツ3

10cmほどで、実際1/3ドールにしてはかなり大きい感じのするバケツです。最近いろいろ1/3サイズの小物を調べているのですが、実物の1/3だからといってドールにぴったり、というわけではないようです。やはり手の大きさだったり顔とのバランスだったりで随分印象が変わってしまうみたいです。


バケツ4

今回その点でいうと、前回作成したモップとのバランスが秀逸で、まったく違和感がありません。本当は自作したかったんですが、金属の加工は大変ハードルが高く、作りたい!より持たせたい!が完全に優位になった結果、このような自体を招いてしまいました。。。
…いーんです。ないものは作ろう!…ですが、あるものは作らなくても……  強がりじゃないです。


バケツ5

気を取り直して娘に持ってもらいました。やはりバケツ単品で持った場合多少大きすぎる感じは否めませんが、モップと一緒になるとぜんぜん違和感ありません。(〒_〒)ウウウ かわえええ。。。


バケツ6
バケツ7

愛娘の気高い印象とこの朽ちたブリキのバケツのギャップがたまりませぬ。
いけません。娘の堕ちる姿をみて萌えるなどと… 親…というより人間失格ですね。

ずっと持たせていると色移りしそうなので早々にバケツは下ろしてもらいます。
( ̄ヘ ̄;)ウーン 一度撮影するともう他に使い道なさそうですねえ。
まあきっと夜中ひそかに散らかった部屋の拭き掃除をしてくれているものと信じて。。。
今度はちゃんと何かクリエイティブなことしたいですね。なに作ろうかなあ。

梅雨だから。 (ドール傘)

雨はそれほど降りませんがじめじめして蒸暑いですね。
季節にちなんだアイテムを…ということで今回は傘に挑戦です。


ドール傘1

本当は骨組みから自作しようといきまいていたのですが、100均の傘を細かく観察してみて、こいつぁ無理だね。っていうかなぜこれが100円で売れるんだ!?……ということで、1/3サイズに合いそうなミニ傘の骨組みだけを購入しました。オカモト原宿店さんで購入しました。1本420円でした。


ドール傘2

小さく、リーズナブルな値段ながらちゃんと開きます。
骨組みだけなので貼るものを考えなければいけません。布?紙?さんざん悩みましたが100均でうろうろしていて見つけたもの。


ドール傘3

自転車カゴカバーです。傘っぽい質感だったので購入してみました。


ドール傘4

表はてらてらしすぎているので裏地を使うことにしました。切り広げてみると結構大きく、十分生地がとれそうです。


ドール傘5

骨組みの大きさを紙に写し取り、ドール傘6

5mmくらいの縫い代をつけます。はい。いつもの適当な感じです。


ドール傘7

これを型紙にして生地に書き込んでいきます。


ドール傘8

なんとか8枚分とることができました。これをはさみで切り抜いていきます。


ドール傘9

8枚全部切り抜いたところ。さあいよいよこれからが本番。中学生以来の縫い物です。いや、これホントに苦手。


ドール傘10

ミシンがあればもう少し楽なのかもしれませんが、ないので仕方ありません。ちくちく1枚ずつ縫い代部分を重ねて塗っていきます。生地は結構丈夫で、普通に縫えました。


ドール傘12


めちゃくちゃ時間がかかりましたがなんとか縫い終わりました。縫い目の粗さはご愛嬌。

ドール傘11

裏返してみるとこんな感じ。傘っぽい質感にはなってますね。


ドール傘13

角のひとつひとつに骨組みをさす部品(名前分かりません)を縫い付けていきます。縫い仕事もそうですが、針穴に糸を通るのがかなりツライ…。みなまで言いませんが…orz


ドール傘14

全部つけ終わりました。いよいよ骨組みをつけてみます。

ドール傘15

ちゃんと傘になりました。よーく見ると縫い目が粗いせいでちょっと隙間があったりしますが、大丈夫。雨降りにはつかいませんから。
これで完成! でもよかったのですが、ちょっとさびしいので趣旨変えして日傘にすることにしました。(梅雨なのに…)

ドール傘16

これまた100均で購入したレースです。これを傘の周りに縫い付けていきます。


ドール傘17

これもかなり苦痛を伴う作業となりました。縫い物が趣味の人ってすごい忍耐力ですね。イライラゲージMAXですよ。
なんとか付け終わり、日傘の感じになったかな?


ドール傘18

最後にてっぺんのところを縫って先っぽ(名前分かりません)をつけたら完成です!
早速娘に持ってもらいました。


ドール傘19
ドール傘20
ドール傘21

傘をあげて青空を見上げるイメージで連続してみました。大きさもぴったりで、ちゃんと両手で持つことができました。(片手だけだと落っこちてしまいますが…)


ドール傘22

お使いに出るメイドさん。そんな感じです。色白なので日焼けは怖いですからね。
このあと愛娘の撮影会に突入~ 何十枚か撮ってみて一番気に入ったのが…


ドール傘23

この一枚。バックをカラーボードにしてライトを当てただけですが、ちょうどいい具合にライトがあたり、瞳の虹彩がすごくきれいに写りました。これ見てるだけで幸せな気持ちになるのは親バカでしょうか。
もっともっときれいに撮影したいですね。今度撮影ブースつくってみようかしら。

セカイを救う? (ドールモップ)

近頃贅沢なお嬢様の生活を忘れ、メイドが板についてきたわが愛娘。
せっかくメイドなのでお仕事してもらおうと思い、いろいろ探してみたのですが1/3ドールの小物ってありそうでなかなかないんですね。1/12とかのドールハウス用ってのはよく見るのですが。。。
ないなら仕方ありません。つくりましょう。というわけで今回作成するのはドール用モップです。


モップ1

メインになる柄の部分をどれくらいの太さで、何で作ろうか悩みました。プラ棒を使おうかとも思いましたが、加工のしやすさから今回は木にしました。丸棒がヒノキ。そう、ヒノキの棒です。セカイを救うはずなのにけちな王様のせいでこんなのが武器…泣けますね。太さは直径8mmのものです。四角の方は”エゾマツ工作用”。ワイヤーはちょっと太目でやわらかいステンレスワイヤーを用意しました。

モップ2

まずはモップの先端部分を作成します。サイズはドールを見ながら目分量で。電動ノコで加工します。細い木材は簡単に割れてしまうので慎重に。


モップ3

木片にルーターでくぼみを作ります。ワイヤーがひっかかるところになる予定。

モップ4

最近購入したDREMELのルーターです。トルクもしっかりあって、大変使いやすい代物です。これも痛くしようかしら。


モップ5

中央に丸く穴を作成します。大体7mmくらいの穴です。ルーターをドリル先に代えて慎重に少しずつ大きくしていきました。ここに柄の部分を差し込んで接着するためです。左右にほったくぼみがずれているのは気のせいです。


モップ6

柄の先を削って差し込み部分を作成しました。細くなりすぎるとスポッと抜けてしまうのでやや大きめに。いやあ宮大工ってすごいですね。改めて自分の不器用さに愕然としますね( ̄ー ̄;


モップ7

柄の先端部分に使う金属部品を作成します。アルミ板に大体のサイズを書き込みます。


モップ8

こいつも電動ノコで楽勝です。めっちゃ散らかりますけど。。。掃除機必須で横で待機していますね。


モップ9

きったアルミ板を棒の形に合わせて曲げます……が。意外ととても硬く、結構大変な作業でした。ペンチで力任せにすると金属表面自体は非常にやわらかいため、簡単にペンチ先の跡がついてしまいました。(〒_〒)ウウウ  ま、でも細かいし目立たないのでよしとしましょう。


モップ10
モップ11

少々いびつなのでニッパーで細かいところを整え、対照形に加工します。

モップ13

切った面をヤスリがけして、ドリルで穴を開けました。この部分にワイヤーを通して柄に固定します。


モップ14

さらにバネ部分を作成します。残った丸棒にステンレスワイヤーをくるくる巻きつけます。ワイヤーは非常にやわらかく、当然バネとしての役割を果たしません。本当はそこらへんまでディテールに凝ったものを作りたかったのですが、加工のしやすさを優先しました。


モップ15

ざっくりとくみ上げてみて、モップ部分の長さを段ボール紙で調節します。こんなもんかしら。


モップ16

全長。モップらしい感じに見えますかね?


モップ17

ダンボール紙に細めのロープを巻きつけていきます。一層ごとにボンドで固定して、三層重ねました。


モップ18

ボンド固定していないほうのさきをはさみで切ります。


モップ19

ボンドが乾く間、柄の上にドリルで穴をあけてワイヤーを取り付けます。収納用のフック部分ですね。


モップ20

全体をくみ上げて細かい部分を接着してバランスを整えたら完成です。セイバーオルタのモップは柄が赤いはずなんですが、木の感じが気に入ったのであえて着色はしないことにしました。べ…別に面倒になったわけじゃないんだからねっ。
本当はちゃんと金属部分を動かすとモップが外れるようにしたかったのですが、ワイヤーに腰がないためあきらめました。


モップ21

娘に持ってもらいました。サイズ、バランスはちょうどいいようです。


モップ22

セイバーオルタお決まりのポーズです。ビシッとりりしく見えるのは親の色眼鏡??


モップ23

タペストリーとともに。やっぱりもち手は赤いほうがいいのかしら。。。


モップ24

最後にもうひとつのお決まりのポーズ。
( ̄ヘ ̄;)ウーン このポーズをとるにはややモップが長いようです。手で顔が隠れてしまう…
今回は結構満足のいくものができました。痛趣味というよりただの工作ですねこれ。娘もこれでメイド業に励めることでしょう。部屋のなか掃除してくれるとうれしいんですけど……。

ご注文はペンチですか? (痛プライヤーホルダー)

ワイヤーアートはじめてから妙に(?)増えてしまったプライヤーたち。

プライヤーホルダー1

似たようでいてそれぞれに使いどころが違っています。ここで問題です。100均で購入したのはどれでしょう??
ま、それはさておき、これだけ増えると結構置き場所に困ります。とにかくかさばるのでうまく収納できません。
いろいろ調べてみるとプライヤーホルダーなるものがあると知り、作ってみることにしました。


プライヤーホルダー2

今回使用するのは、以前痛ドライバーホルダーを作成した際に予備で購入したカード立てです。


プライヤーホルダー3

どんな形にするか、迷いましたが上面に凸凹をつけることにしました。今回はごちうさがテーマです。
いつもだとカラーボードを切り抜いてから印刷を貼っていましたが、どうしても不器用できちんと貼れないため、今回はフィルムラベルに印刷したものを先にカラーボードに貼り、それから切り抜くことにしました。


プライヤーホルダー4

カラーボードはちょっとでもカッターがなまっているとひかっかって断面が崩れます。ついつい夢中になると刃を交換するのを忘れてしまうんですよね・・・


プライヤーホルダー5

裏面も同じように切り抜きました。


プライヤーホルダー6

これを両面テープでカード立てに接着します。多少ずれがありますがいつものことです。気にしません。
どうせプライヤーが乗っかるのでそれほど目立たなくなる…はず。

プライヤーホルダー7

もうこれで完成でもよかったのですが、プライヤーの隙間から見えるカードケースがちょっときになったので余ったラベルで隠すことにしました。


プライヤーホルダー8

蓋シールをつけたところ。お城の城壁みたいです。


プライヤーホルダー9

プライヤーたちを立てかけてみました。強度的にも問題はないようです。


プライヤーホルダー10

斜めからみたところ。ちなみに手前から3番目が100均でした。一番奥のループプライヤーは20倍の値段です(>0<)
それなりに値段が違うだけのことはありますが…


プライヤーホルダー11

反対側… うーん。はっきり行ってプライヤーおいているとまったくといっていいほど絵柄がみえませんね。
これは本当に痛いのか??


プライヤーホルダー12

最後に前に作成したドライバーホルダーと並べて。いいバランスです。
これで道具がすっきり整頓できました。もう少しスタイリッシュなものを作れるといいのですが、また思いついたら改良します。

姫の気品 (ドールティアラ2)

実は娘の衣替えの前に完成していながらUPし忘れていたとっておきだった作品をご紹介します。


ドールティアラ2-1

今回作成しようと思ったのは2度目のティアラ。
前回よりもうすこしゴージャスに、お姫様らしいものを作ろうと思いました。
まずは左右対称に曲げたパーツをいくつか作り、接着剤でくっつけていきます。このとき何も考えず、平面で組み立て始めたのですが、これが後に大きな悲劇を呼ぶことになります。


ドールティアラ2-2

予定していたすべてのパーツを組み立てました。結構左右対称に美しくできました。
この基本骨子にデコレーションしていきます。


ドールティアラ2-4
ドールティアラ2-5

今回の目玉はこの”キュービックジルコニア”です。いわゆる人工ダイヤモンドですね。ビーズだけでは少々さびしかったのでちょっとゴージャスになるよう奮発しました。
この後少しだけビーズを接着して、おもむろに立体的に全体を曲げようとしたそのとき。
悲劇がおこりましたΣ( ̄□ ̄ || 〒 ||


ドールティアラ2-6

接着剤はひねる力に非常に弱く、あっというまに粉々に分解してしまいました。
これにはかなりショックでした。何しろ最初にワイヤーをまげてパーツを作り出してから少しずつ慎重にすすめてきて、キュービックジルコニアの購入などのタイムロスも含めると1週間以上かかっていました。
デコレーションするのがすごく楽しみだったのにこの体たらく。
今回ほど自分の無計画さをのろった瞬間はありませんでした。…もうこれでお蔵入りにしようかとも思いましたが、がんばって再度組み立てました。


ドールティアラ2-7

ばらばらになってしまった各パーツを感覚をたよりにひとつずつまげていきます。


ドールティアラ2-8

大体合いそうな感じになったところで懲りずに接着剤でくっつけていきます。


ドールティアラ2-9

だいぶ形になってきました。ここでキュービックジルコニアもセットします。いいですね。やはりビーズとは輝きが違います。


ドールティアラ2-10

少しさびしかったのでさらにキラキラを足してみました。

ドールティアラ2-11

とれてしまっていたパールビーズをくっつけて、これで完成…のつもりだったのですが、まんなかの空洞が少々さびしい感じがしたので、もうひと工夫。


ドールティアラ2-12

さらに細いワイヤーをつかってハートを足してみました。これだけで随分可愛くなった感じがします。


ドールティアラ2-13

ハートの真ん中に小さなパールビーズを足して… これで完成です。なかなかゴージャスな感じになりました。


ドールティアラ2-14

アップにしたところ。きらきらしてゴージャスです。ほぼ予定通りのものができました。


ドールティアラ2-15

今はメイドに身を落としているわが娘ですが、このときはお姫様だったんですね。高貴な感じのアクセサリーがこれほど似合うのはうちの子だけでしょう。

自分の好みのせいでどうしてもシルバー、しろパールが中心の組み立てになってしまいますが、せっかくなのでもう少しカラフルなものも作成してみたいと思います。
ティアラって面白いですね。普通に人間様のティアラを作っているサイトも多く見かけました。またちがった感じのティアラも作ってみたいです。

季節は無視で。

すのぼ1

以前から気になっていたタペストリーの上のスペース。さびしげな空白が気になります。
今回いろいろ調べていると、カラーボードは曲げられることが分かりました。(スチレンボードの曲げ方
季節感は無視していますが、痛板を作ってみようと思います。


すのぼ2

まずは実験。ぐいっと力任せに曲げてみます。意外と丈夫ですね。
ダイソーのカラーボードの方が表面が硬くて曲げやすい印象です。ホームセンターのものはポキッと折れてしまいます。


すのぼ3

ネットで拾ってきたボードの元絵をVector magicというソフトをつかって拡大、スムーズにします。


すのぼ4

今回はまなさんにしました。この子、フィギュアかドールにならないかなあ。横幅は少し縮めました。


すのぼ5

アウトラインを紙に印刷し、これをカラーボードに貼って切り抜きます。


すのぼ6

ちなみにサイズの調節で散々失敗しました…orz もったいないからテスト印刷にでも使いますが…拡大印刷は苦手です。


すのぼ7

カラーボードを切り抜いたところ。ボードっぽい感じに見えますね。


すのぼ8

曲げたいところに5mmほどの幅で切込みをいれ、表面の硬い部分をはがします。
残念ながら動画のセントラル画材さんのような上質なボードではないのでつるっとはがれません。カッターで少しずつ削るように切り取ります。


すのぼ9

緊張しながらゆっくり曲げてみると…結構力入れても大丈夫です。曲がりました。


すのぼ10

両端を同じように曲げて2つを接着しました。これで表面にシートを貼って完成でもよいのですが、それだといまひとつボードっぽく見えないのでやっつけでブーツを作ってみることにしました。


すのぼ11

大体の大きさと位置を決めて作図します。今回初めて黒のカラーボードを使用することにしました。


すのぼ12

黒のカラーボードってけずっても中もちゃんと黒いんですね。表面の硬い部分は端っこが白くなってしまいますが、マジックで塗ったりせず、あえてメタルのエッジぽいかなっと思ってそのままにしました。
大まかにカッターで表面を削った後、ヤスリで中央を薄く削ります。正直めっちゃ散らかります。


すのぼ13

これくらい削ると自由に曲げることができます。

すのぼ14

続いて他のパーツを切り抜いていきます。ディテイルにこだわりたいところですが、まあブーツに見えればいいかな?と。
…ええ、妥協ですね。それがなにか?


すのぼ15

左右1対同じものを作成しました。


すのぼ16

これを接着剤で組み立てていきます。


すのぼ17

いい加減ですがブーツっぽくできた…でしょうか。ベルトの部分もいろいろつくってみたのですが、懲りすぎるとかえってちゃちくなってしまうのでこの程度に。


すのぼ18

ボードに貼り付ける位置を確認して、全体の印象を確認します。

すのぼ19

いよいよ本体にフィルムラベルに印刷したまなさんを貼ります。貼りなおしがきかないためフィルムラベルをカラーボードに貼るのは大変難しいです。曲げた状態に貼ることで形がキープされるようになります。


すのぼ20

ブーツ(もどき)を貼り付けて完成です。…まあ痛板に見える…のかな。


すのぼ21

タペストリの上部分に張ってみました。

すのぼ22

横長のスペースを埋めるのはなかなか難しく、今回の発想自体は悪くなかったのかなと思いました。
同じような感じでサーフボードもありですかね。(っていうか季節を考えるとむしろそちらのほうがよかったような…)
カラーボードを曲げることができるのが分かり、もう少し工作の幅が広がりそうです。

ころもがえ(×2)

いやー暑いですねー
ついに痛扇風機さんの力ではたりず、痛冷房のスイッチを入れてしまいました…
こんなんではこの先が思いやられますね。
娘もそろそろデフォのドレスでは暑そう…ということで衣替えです。
ついでにブログのデザインも衣替えです。写真と文字が見やすいように変更してみました。

おきがえ1

すごくお似合いだったのですが、さすがに少々暑そう。
着せるのはすごく大変だったのですが、脱がすのは超簡単でした。

おきがえ2
先日ボークスショールームで購入してきた、”マリンメイドセット”と、ハンドパーツです。握っている風ハンドですが、左右セットで2000円もします...orz

おきがえ3
おきがえ4

ここで色移りチェーック。ある程度覚悟はしていましたが…やはりありました。
右腕の内側と左胸の上あたり。2mm程度の小さな色移りですが、まるでキ○マークみたいです。。。
そんな娘に育てた覚えは…orz


おきがえ5

セイバーオルタメイドをイメージしてウィッグはデフォのものに戻しました。
こっちもカワユス~

おきがえ6

右手を握り手に買えて腕組みしてみます。なにやらアンニュイな感じ。
悩みがあるなら相談してね。


おきがえ7

引きです。本当は球関節が見えるのがあまり好ましくないのですが、脳内補填でカバーすればなくるないさ。


おきがえ8

ブーツはデフォのものをそのまま流用しました。
( ̄ヘ ̄;)ウーン ブーツじゃなくてハイヒールのイメージなんですよね。
ちょっと考慮の余地ありです。

おきがえ9

忘れてました。カチューシャをつけてみました。ぐっとメイドらしくなりますね。


おきがえ10

右上のセイバーオルタメイドのタペストリと並んで。
モップ欲しいですね。ちょっと工夫したら作れそう。これは次の課題にします。


おきがえ11

タペストリと同じポーズにしてみました。ストッキングはやっぱり黒に変更。
うんうん、かわいいお
今回お嬢様からメイドへ可憐にランクダウンしたわが娘ですが、気品はなくしていないようです。
涼しげな感じになりましたし、また身の回りのものを工作してみたいと思います。
プロフィール

ふぉれ

Author:ふぉれ
痛部屋の完成を目指して。今まで作った痛いものをご紹介したり、興味のある痛グッズなど取り上げています。

最新トラックバック
かうんたー
お気に入りサイト
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。