FC2ブログ

痛趣味の部屋

2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 痛車・痛チャリ
CATEGORY ≫ 痛車・痛チャリ
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

悲報

悲しいお知らせです。三菱がランサーエボリューションの生産終了を宣言しました。
昔からなぜかこの車が大好きで、長年愛してきました。
ラリー参加をやめていつかこんな日が来るのではないかと思いながら。。。
実際聞くとさびしいものですね。
せっかくなので(?)この機会に愛車をさらしておくことにします。
車1
どちらも給油口に貼っていたマグネットステッカーですが、左が初代。右が現在のものです。
初代はもともと丸型のものを購入し、これをスキャナーでとりこんで四角く加工したものでした。4年の年月を経てぼろぼろになったので3ヶ月前に右に変更しました。どちらもマグネットステッカーを使用しています。
車2
給油口にはっているところです。これだけではあまりインパクトはありません(たぶん。)
車4
リアウインドウです。両側にカッティングステッカーが貼ってあります。貼ったのはもうずいぶん前なのですが、まだへたれずがんばってくれています。(ネタてきにはいささかオワコン臭がしますが…)
車加工画面

リボンステッカーのアウトラインをネットで拾ってきて加工しました。
ribon.jpg
ここにお気に入りのデータを重ねていきます。
車6
車3-1
右ふたつは市販のもの。左のふたつは最近になって自作したものです。
4つ並ぶとそこそこのインパクトになります。
本当はフルラッピングくらいまでしてみたいところですが、やはり社会人としてそこまでしてしまうのには抵抗があり、この程度にくすぶっているわけです…( ̄ー ̄;
いろいろ金のかかる車ではありますが、もう次はないので当分なかよく付き合っていこうと思っています。
でもランエボってごつごつしてフルラッピングには向かないんですよね。。。
スポンサーサイト

痛チャリ作成その3 2代目そして…

こうしてひとつの完成を向かえた痛チャリでしたが、
致命的な弱点がありました。
それは”耐久性”でした。
通勤距離は片道10km程度。朝夕で往復20km程度でしたし、
雨の日には車にしてましたからそれほど酷使していたわけではなかったのですが、
半年ほど経ったとき、ホイールカバーがぐらついていることに気づきました。
よく見ると、
CIMG0242.jpgCIMG0243.jpg

ホイールカバーをとめているねじのところが丸ごとくりぬかれるように取れてしまっていました。
わずかな振動か繰り返されることで、プラスチックのくぼみの部分に負担がかかり折れてしまったのです。

仕方なく再度ステッカーをデザインし、業者に発注。
ホイールその2の2ほいーるその2の1

2代目もやはりセイバー中心での× 英雄王、キリツグのパターンにしました。

…しかし、やはり役半年で初代同様ねじの周りで破損してしまいました。
一応もうひとつホイールカバーは買ってあったのですが、
この頃には通勤中の横風の抵抗と、半年毎にかかるステッカーの費用に
すっかり新しいものを作る気力がなくなってしまい、現在はホイールなしで走っています。

また強烈に刺激されるようなアニメやキャラに出会えれば作るかもしれません。
というかホイルカバー自体は買ってしまっているので使わないともったいないのですが。。。



痛チャリ作成その2 リベンジ

前回の痛チャリ作成失敗から数ヶ月。
セコセコとネット徘徊していると、アキワールドのリアホイールカバー入荷の文字が!
早速購入すると同時に再度ステッカー業者にステッカー発注しました。

今ではあみあみさんのamisportsなんかでホイールステッカーも売っていますが、この頃はまだありませんでしたので自分でデザインしてカットするしかありませんでした。(好きな絵柄を作れるので楽しいんですけどね…。費用的には自分で作っても製品を買ってもそれほど変わりません)
この頃になるとギアはずすのも問題なくできるようになってましたので
自分で装着してみました。
チャリ1チャリ2チャリ3

前回とは少し変更しましたが、やはりセイバーです。

本体のバー部分には
チャリ4

fate/zeroのステッカーを貼りました。

チャリ5

HKSとBALSAMICOSUのステッカーも貼りました。
知らない人にはなんだかまったく分かりませんね。今ではもうオワコンですが…

大変満足してがぜん通勤も楽しくなっていたのですが、このホイールカバー、致命的な欠陥がありました。。。

痛チャリ作成その1 そして失敗…

通勤にダイエットを兼ねて2年前に購入したGIANTのロードバイク。
これを痛化してみようと思い立ち、リアホイールカバーを作成することになりました。

…とはいっても自分でホイールカバーをつくるほどの技量はありませんし、
一本十数万円するようなカーボンホイールを買う勇気もありませんでした。

この頃アキワールドのホイールカバーを使った報告をちらちら目にするようになっていたため、注文しようと思ったのですが、当時どこも売り切れ、入荷未定の状態でした。
近所の自転車専門店から注文もいれましたが、いつ入るか分からないとのことでした。

いろいろ探してオークションで発見したのが、カーボン製リアホイールカバー。
ステッカーはデザインしたものを業者に発注して作成しました。
CIMG0238.jpgCIMG0239.jpg

とても満足する出来でした。
この頃はまだギアのはずし方もよく分からなかったため
自転車専門店に持ち込んで装着を依頼したのですが。。。

数時間後電話がかかってきて、「これはだめですね。いろいろがんばったんですけど無理です。つけられません」
とのこと。
Σ( ̄Д ̄;)なぬぅっ!!

で確認すると、このカバー、ホイールの周囲との間に隙間が開いてしまい、
いくらボルトでしっかりとめても数メートル走っただけでガタガタと動いてしまいます。
CIMG0240.jpg
CIMG0241.jpg

オークションの販売元に連絡するも返事はなし。
説明文にもまあ”走行可能”とは書いてなかったから仕方ない……のか?

やむなく今回はあきらめることとなりました。
100回以上落札してきたオークションで唯一後悔した買い物になりました。。。
プロフィール

ふぉれ

Author:ふぉれ
痛部屋の完成を目指して。今まで作った痛いものをご紹介したり、興味のある痛グッズなど取り上げています。

最新トラックバック
かうんたー
お気に入りサイト
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。