FC2ブログ

痛趣味の部屋

2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 痛菓子
CATEGORY ≫ 痛菓子
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

痛クッキー2014その3★ラッピング★

クッキーが完成したら次は包装を考えます。
今回はできるだけすべて自分で作りたいと考え、クッキー専用の紙袋を作ることにしました。
まず表裏のデザインを決めて、大体の展開図を考えてのりしろを作っていきます。
紙袋1
絵の部分が袋の表裏、他がのりしろの部分です。本当はもっと大きく作りたいところですが、A4プリンタではこの大きさが限界です。組み立てるとかろうじてクッキーが1枚入る大きさです。
↓紙質やデザインなどいろいろ試してみました…
紙袋2
…が、光沢紙では折り返しした部分の印刷が剥がれ落ちてしまい、普通紙では弱すぎるため、結局両面印刷用のマット紙が一番適していると思いました。
印刷後ふちを切り取り、両面テープで貼り付けます。穴あけパンチで穴を2箇所あけ、100均で購入した手芸用の紐を通して…完成です。
紙袋4
この穴明けが意外とくせものでした。顔に穴が開くのがいやで、隙間の部分にあけていたらなにやらバランスの悪いもち手になってしまいました…orz 穴の位置まで考慮してバッグをデザインすべきでした。反省。

完成したクッキーを包装紙にいれ、それだけでは少しさびしいのでイワンくんのステッカーを作成し、表に貼りました。
完成1
作成した紙袋にちょうど収まる大きさになりました。
紙袋3
余った生地を使って去年作成したクッキー型でおまけをつくりました。わざわざ色付けの型を追加で作るのは面倒だったためフリーハンドでパウダーをふって色をつけてみましたが、きっちり境界線をつけない色付けも味があっていい感じです。
ついで
これで今年のクッキー作りは終了です。まだまだ改良の余地はありますが、また少しだけ上達したような気がします。
日ごろお世話になっている皆様に感謝の気持ちをこめて…Happy White day…
スポンサーサイト

痛クッキー2014その2★型切り抜き★

型のデザインが完成しましたのでいよいよ型の切り出しにはいります。
まずは専用のソフトに読み込んでアウトラインを抽出します。
アウトライン抽出
100均で購入したクリアファイルを切り開いてシートとして使います。
クラフト1
カットされたシートがでてきました。…が、このシートは刃先の深さの設定がうまくできていなかったため、線はついているものの、まったく切れてませんでした…orz 気を取り直して再度刃の深さを設定してでてきたのがこちら↓
切り抜き1
一見うまく切れているように見えますが、実際は線が細かすぎるのとシートの質が硬すぎるため切りきれてない部分があります。そこで少しずつ切れている部分をはがして除去していきます。
切り抜き2
切れているはずなのに引っ張っても取れない部分が多く、大変神経を使います。無理に引っ張りすぎると型がさけてしまうからです。肉眼でやっているとだんだん眼がつらくなってくるため、この作業はルーペと微細ピンセットを使用しています↓
微細セット
今回は2倍のルーペを装着しました。シートの切り抜きが完成したらクッキーの生地を作って型をのせ、早速ココアパウダーで色付けです
色付け3
あ…いかん。久しぶりであせってしまいました。ダマになったココアが一気にふりかかり、さらに隙間から中に入り込んでしまっています……(〒_〒)ウウウ  でも行くしかありません。
今回色付けのために用意したパウダーです。
色つき1色付け2
線が細かいので料理用の刷毛ではなく、絵画用の普通の筆をしようしています。今回用意したのはむらさき芋、かぼちゃ、こまつ菜(使いませんでしたが…)、にんじんの各パウダー4種です。ひとつ500円くらいで少々高いのですが、やむを得ません。ネットで購入しました。
このパウダーを使って影の部分い色付けをします。
色付け4
色付けのためにパウダーを使うのは初めてなので、どの程度つければいいのか見当がつきません。色がでないとさびしいのでとりあえずしっかりめにつけてみました……が、結果は。。。
色付け5
↑焼きあがったのがこちら。なんだかずいぶんキツイ色になってしまいました。特に紫はあまり濃くしないほうがよさそうです。はっきりいって食欲をなくすレベル。顔の影も強くつきすぎました。せっかく作った型ですが、今回顔の影はつけないことにしました。今度は慎重に…
リトライ1リトライ2リトライ3
型をそーっとはずして。。。どうやら先ほどよりはきれいにできました。少し生地が波打っているのが気になりますが、いまさらどうしようもないのであきらめます。あとは一気に量産体制へ。
リトライ4
焼き上がりです。微妙に色ののりが違うため、顔の表情も一定しません。特に今回眼に着色したのが妙なアクセントになってしまい、やたら目つきの悪い子ができたり、妙にのっぺりした感じになったりしてしまいました。あと、大量に作るため、複数の生地をまとめると微妙な生地の硬さの違いからひずんだり、表面がぼこぼこになってしまったりしてしまいました。1枚だけつくるなら大丈夫なんですが。。。ま、ともあれひとまず完成です。
その3★ラッピング★へ続く

痛クッキー2014★その1★型デザイン

今年もホワイトデイがやってまいりましたので
日ごろの感謝の気持ちをこめて恒例のクッキー作りです。
ブログをはじめてからでは初のクッキー作りなのでできるだけ全工程をご紹介したいと思います。
つい先日TIGER & BUNNY 劇場版を見てきて、腐のオーラに感動したので
今年のテーマは TIGER & BUNNY からイワンくんです。
素材にえらんだのはこの壁紙。
元壁紙
こちらの右半分、顔の部分を使ってクッキーを作ることにしました。
去年よりは何かしら進化したいので、色つきクッキーに挑戦です!

まずは顔部分の輪郭線を抽出していきます。
イラストを二階調化するのですが、簡単にはいきません。
まず顔の比較的色の薄い部分からとりかかります。
ざっくり二階調化して細かい部分を元の絵と比較しながらドット単位で修正していきます。
工程1
↑眼の部分なんかがつぶれてしまってますので修正。
工程2
やだ、かっこいい。。。瞳の色を後でぬれるようにあえて白く抜きます。
下のほうの服の部分は色が濃いため、別に分けて二階調化してこれを併せます。
工程3
↑左がラフに二階調化しただけのもの。右が細かい修正を加えたもの。
この時点で大体の完成図が見えてきます。多少つぶれてしまった線もありますが、なんとか気にならない程度に収まったと思います。
ステッカーを作る場合ならこのままカッティングしてしまってOKですが、クッキーの型を作るときは切り抜いたものをクッキー生地にのせて、ココアパウダーで色をつけていくため、このままカットしてしまうと線で囲まれた部分がごっそり落ちてしまいます。このため、黒線で囲まれた部分を線が囲まれないように切り取っていく必要があります。
実際には拡大したり全体をみたりしながら黒線で囲まれている部分を別の色で切り取っていきます。拡大したり↓
アウトライン1
全体を見たり…↓元絵を確認しながら慎重にラインを決定していきます
アウトライン2
これで完成したのが↓こちらです。一応囲まれている線はなさそう。はっきりいってこの工程が一番ストレスの多いところで、切り抜き想像脳に切り替わるまでは大変な苦痛を伴う作業になります。うかつに線を残すと実際に切ったときにごっそり型が抜け落ちて…orzなんてことになったりします。
アウトライン3
完成したらこれを反転して切り抜いた部分を確認します。
アウトライン4アウトライン5
もし切り抜いた線にまた囲まれている部分ができるようならさらにこれを切り抜いていきます。
今回は2枚にわけて大丈夫だったようです。基本はこの2枚で輪郭は描けるということになりました。一安心です。
ただし今回は色つきクッキーに挑戦しますので、さらに色をつけたい部分のレイヤーを作成していきます。まずは顔の影部分(これは後ほど大きな失敗につながりますが…)を切り抜いていきます。自動選択ツールで影部分を選択して新たなレイヤーとして塗りつぶします。
影1
比較的素直に取り出せました。さらに紫色のレイヤーを作成します。
影2
これはあまり簡単にはいきませんでした。拡大しながら不要な部分をドット単位で消して修正していきます。
続いて髪の毛の影部分のレイヤーですがこれが一番面倒でした。影の部分は微妙に色の濃さが違うため、思うように影部分だけを選択できません。よって少しずつ回りの色を消していく作業が必要でした。
影3影4
最終的にできたのが↓こちらです。
影5
だいたいきれいに取り出すことができました。これですべての型がデザインできました。
今回の型は全部で5つ。まずは基本となる輪郭型が2つ。あ、3角にあるカッコや四角の点は複数の型を重ねるときに正しく重なるようにするためのものです。これがないと微妙に型がずれてしまったりして5つも重ねると最終的に何を作ったのか分からないくらいの状態になってしまいます。↓が基本の輪郭レイヤー
型2型1
後はそれぞれ顔の影型、紫色型、髪の毛の影型↓になります。
顔影レイヤー紫レイヤー髪影レイヤー
これを実際の顔の影をつけるかどうかで悩みました。とりあえず顔の影はつけない感じで実際にクッキーにしたらこんな感じかな?っとつくってみたのがこちら↓
完成予想図
あらやだいい男。顔に影をつけるとちょっとしぶすぎる感じになるかも…と思ったのですが、せっかくなのですべての型を作成することにします。→その2★型切り抜き★ に続きます。

痛クッキーその4

はい。今回で4回目となったキャラクッキーですが、(とはいってもほぼ1年前のことですが…)
そろそろ勝手もつかめてきましたし、ホワイトデイのお返しをしないといけない人が
タックさんいるので、がんばって量産することにしました。

理想は見て面白いだけじゃなくて食べて美味しいぃぃぃぃいクッキー v(T▽T)イエーイ
なんだけど、実際そこにこだわっているとなかなか作業が進みません。

この会で作成したのは
さなえちぇんにしました。だって…神なんだもの。

てなわけで今回は私の作り方も含めてご紹介しますん。

まずネット上を徘徊し、胸キュンな凸画像をGetしてきます。画像はなるべく白っぽいところが多いのがいいですね。
15036692_1902817413_99large.jpg

これをフォトショで2階層化します。
15036692_1902817408_167large.jpg15036692_1902817407_149large.jpg15036692_1902817407_149large.jpg15036692_1902817406_57large.jpg

まあそれらを型を切り抜いたときにばらばらにならないように、
カッターの切り線が平面を囲んでしますとその面は消え落ちてしまい、何もない状態になってしまいます。
このため黒でかこまれた部分を開放していきます。大体3-4つくらいの画像に分解します。
この型を順にクッキー生地の上に順に載せて、ココアパウダーで線を描きます。
でこくっき

これが完成して凸守クッキーです。できは結構いいかな。
調子に乗ってさらにFate Zero軍団のクッキーも作成してみました。
フェイトクッキー3フェイトクッキー5フェイトクッキー2フェイトクッキー4フェイトクッキーまとめ


毎年毎年いやでもあがっていくクオリティ。というより絶対に去年のものより派手なもの作ってやるぅうって
そういう無駄な気合がきっと技術を向上させていくんだと思います。

今年は何つくるかなあ。そろそろ始めないと。。。。



痛チョコレート

クッキーの次に挑戦したのがこれ。
またまたほむらちゃんでした。
作り方は単純ながらに繊細です。
要はイラストの上にクッキングシートをのせて、
溶かしたチョコレートで線をなぞり、いったん冷やして固めてから
今度は色をつけたチョコレートを明るいところから順番に乗せていく…
昔遊びで描いていたセル画の要領でした。
ほむちょこ
チョコに時間がかかりすぎたため
スポンジケーキを作っている暇がなくなってしまい、
レアチーズケーキの上にのせてみました。
うーむ。
今こうしてみると線が太いですね。色もずいぶんまだらだし。。。
まあ飲み会のときに食べるものなのでお店は薄暗いからあまり分からかったですけど。

今度作るときはもう少し繊細な線で描いてみたいですね。

クッキーよりかなり時間がかかるため、なかなか作る元気がでませんが。
プロフィール

ふぉれ

Author:ふぉれ
痛部屋の完成を目指して。今まで作った痛いものをご紹介したり、興味のある痛グッズなど取り上げています。

最新トラックバック
かうんたー
お気に入りサイト
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。